耽溺

ぜんぶ、おしえて

1.17

海人くんへ
デビュー本当に本当におめでとうございます。公演前に急いで手紙を書き直しています。初めて海人くんにお手紙を書かせてもらったのですが、まさかこんな特別なタイミングになるとは夢にも思っていませんでした。………

 

 

半ば衝動的にスタバに駆け込んで、震えながら手紙をかきなおしてたらやっぱり視界がゆらゆらになってきて、かいちゃんがずっとアイドル、とはいえないけれど当分の間はアイドルでいてくれるんだっておもったらうれしくて。これからもっとたくさんの景色をかいちゃんと一緒に見渡せるんだっておもって。一旦意識を呼吸にもどして、大きくすーはーしながらかなちゃんにLINEをかえした。とりあえずお母さんに電話したけど出てくれなくて、しょうがないから早歩きで風をきって、そうやって1回ほっぺを冷やした。気持ちを落ち着けるために、おまじないのつもりで塗り直したDiorのすーすーが気持ちよかった。両隣の女の子はあたりまえみたいに「キンプリデビューだって!おめでとう!」って、わたしだけ切り離されたみたいな、そんなことは当然ないんだけれど、素敵な小説を読み終わったあとみたいにずっとふわふわしていた。この日のために塗り直した爪のきらきらと特別な封筒のきらきらがまったく同じ色をしていて、きれいだなーって動画をとったりした。でもこのきらきらした金色の封筒がかいちゃんの手に届くんだな〜って思ってまた、泣きそうになった。この感覚は、人生ではじめてファンレターを出したときの忘れもしない感覚とぴったり同じだった。伝えたいことがいっぱいありすぎて、伝わるかな。おめでとうとありがとうを羅列しただけみたいな、本当に乱文だけど、だって頭なんて働かないよ、はじめての手紙がまさかこんな形になるとは思わなかった。特別な日。そういえば2018最強運ランキングは1位だった。神様は信じないけれど、神様にはあまえたい。昨日の夜ちょっと高めのヘアミルクをつけてよかった。浮かれすぎて、つけすぎちゃってよかった。今日の朝ファンデが綺麗に乗ってよかった。ピンクのアイシャドウを新調してよかった。マスカラは湾岸のときほど綺麗にセパレート出来なかったけれど。昼受けてきたテストはまあまあ上手くいったつもり。全部のできごとが特別になった日。なんか、こんな感じなんだね、びっくり。あっけないのにあっけなくない。やっぱりあっけなかったけど。手紙に封をして大切にバッグにとじこめた。頼んだコーヒーの9割を飲み残しの穴にそそいで、こんどこそちゃんと歩き出した。お天気は雨だったから、気持ちを落ち着けるために利用した。ひとりだし、カメラマンばかりだし、やることもなくて無駄にはやく席についたけれど心臓のばくばくがおかしい。この目で、このからだで、受け止められるんだ。こんなの忘れられないよ。なんていうか、トラウマだよ。「17時50分より出演者から挨拶がございますのでお早めに席にお座りください」こんなのあんまりだと感じてLINEであやちゃんに心臓が痛い旨をつたえた。こんな心臓の音は、痛みは、かいちゃんを好きになるまで知らなかった類のもので、ぜんぶかいちゃんがおしえてくれた。後ろのかわいらしい女の子がずっと泣きじゃくりながら「れんくん」「うれしい」を交互にこぼしていて、きっとれんくんに届いてるよって、上の空ながらすごくおもった。何度もケータイのロック画面で時間を確認するたびになにかあったかいものがせり上がってきてもう自分では自分をどうすることもできなかった。そうしているうちに、ついにその時がやってきたのだけれど、案外ちゃんと見つめることができた。拍手をする手にもう力は残っていなかったけれど。大好きなひとと、大好きなひとの大好きなひとたちは、本当にその日に相応しかった。大好きなひとの4年と半年が、決して甘くなかった日々が、ひとつの集大成にたどり着いた日。4年と半年のうちの、たった1日。かいちゃんはゆらゆらと客席を見渡すのではなくて、まばたきをするたびにしっかりと一方向を見つめていた。途中、場が和む場面もあったけれど、彼は緊張と決意に固められていた。しっかりとお辞儀をして、劇場の隅から隅まで優しい拍手が響いた瞬間はやっぱり泣いてしまった。こんなに頼もしい人が、今朝コーンフレークを吐きそうになっていただなんて。すごく不思議な気持ち。涙を拭いながら、ほころんでしまった。かいとくん、いままでたくさんありがとう、これからもよろしくね。これからもできればずっと。

 

 

本当におめでとう♡

 

 

f:id:cya_ch:20180118231958j:image

憧憬


今日という特別な日に大好きなかいちゃんへ、溢れんばかりの大好きを綴ってみようと思います。

…こんなことを聞いたら怒られちゃうかな。かいちゃん、幸せ?


かいちゃんは事務所に入りたての頃、辞めたくて仕方なかったらしい。心ない言葉を耳にするにはまだ、透明すぎた。

何もかも。出来ることならわたし、今からでもタイムスリップして、あの頃のかいちゃんの耳を塞ぎたい。
いつまで頑張れば親は許してくれる?そんなことに悩まされていた数年前のかいちゃんは、痛いほど愛おしい。


無くなりかけても、無くならないでいてくれて、本当に本当にありがとう

 

かいちゃんはなんとなく、相対的な評価でしか自分を評価できない時期があった。周りと比べて落ち込んでしまうかいちゃんのことがすごく心配で、痛々しくて、とにかく隅から隅まで必死に肯定した。

だけど最近のかいちゃんにそんな心配はご無用で、むしろ、かいちゃんが私たちを肯定してくれているような気さえする。紫耀と廉のあいだも、3人と私たちのあいだも、かいちゃんが組織液みたいに満たしてくれる。

ジュニアという立ち位置上、発言や感情にブレーキをかけなくちゃいけないこともあると思う。だけどかいちゃんの素直さは愛情をいくらでも取り込むし、いろんなぜんぶを無しにする。そして、ぬくぬくな温度を保ってくれるんだ♡


廉は優しい。全部優しい!彼女が彼氏の好きなところを「全部!」っていうのと同じだよ。オレは、3人で笑ってるときが一番幸せ。

俺にとって紫耀は何でもできる人だよ。ハスキーな声でバラードをうたってる紫耀が大好き!俺はその声が大好きだよ!

ねえ紫耀、これからもよろしくね。

廉のカバンの中から参考書が見えてすごいなって。あとちょっとだからがんばって!

廉はMCやコントを考えてくれたり、すごく頼りになる。

ジャニーズの中で親友って呼べるのは、紫耀と廉だけ。

これからもずっとみんなに近い存在でいられたら嬉しいです。

ファンのみんなには、信じてついてきて欲しい。僕たちは絶対にみんなを裏切ったりしないから。


かいちゃん、本当につよくなった。弱かったのはわたしだって思うくらい、かいちゃんは強い。
心からの素直なメッセージにみんなたくさん勇気をもらってるよ。ありがとう♡

それからわたし、かいちゃんの笑顔がだいだいだーーーーーいすきなんだ♡
つらい撮影ではまわりを笑わせるし、ファンの子にも笑顔を届けたいって言ってくれる、ほんとに優しいかいちゃん。

わたしはかいちゃんの笑顔をみると甘いものをくちにしたときみたいな、そんな顔になっちゃうよ。

……わたしにとって、かいちゃんはあまいものなのか〜。不意打ちのあまいものは特においしい。納得。

だめだ、話がそれた!


「海人は自由にふざけてるように見せて、実はわざとそうしてくれてる時が結構あると思う。」

これは平野くんの言葉。やっぱり安定の平野くんだ。かいちゃんって、実は太陽じゃなくてお月さまなの?っていう瞬間がふとある。それに、かいちゃんの瞳は冬の星みたいだなあって思うんだ。
…かいちゃんは優しいから、いつでも変わらない髙橋海人でいてくれる。たとえ私たちにいろんな変化が訪れて、悲しくなったり寂しくなったりしても、かいちゃんはいつでもかいちゃんでいてくれる。私たちのこころが戻る場所をあたえてくれる。入場無料だよ。
……何が言いたいかというと、変わらないことってすごく、身を削ることでもあると思うんだ。かいちゃんの笑顔がだいすきだからこそ、笑顔で苦しむことだけはしないで。そう思い始めてた矢先の平野くんの言葉はうれしかったよ。やっぱりこのグループはいつでも愛で溢れてる。

とびっきりのあまいもの!

かいちゃんしか見えなくなったちょっとむかしの冬から、毎日毎日好きがつもって、本当にしあわせだよ。かいちゃんに出会えてよかった。かいちゃんの全部がすき。かいちゃんのつくる全部。かいちゃんがつくる空気の中なら、ありとあらゆるものがすきになれるんだ。だから、明日もその次の日も、かいちゃんに揺られて生きていきたい。見えない大きななにかが怖くて仕方ないけど、そのときはそのときだ。そのときがきても、かいちゃん、大好きだよ。
大好きなかいちゃんには出来ればずっと時間の方向なんてわからない温室でにこにこしていてほしいよ。すてきな夢の続きをみてほしいよ。だけどそんなわけにはいかないから、時にはどんよりした灰色の空につつまれるし、嫌な空気が肌にまとわりつくこともあると思う。かいちゃん、そんなときはどうか柔らかい毛布をかぶって、夢を見て。








かいとくんが幸せでいてくれたらわたしも幸せ。今この瞬間、かいとくんが幸せに満ちていますように。目にも留まらぬこの一瞬に、きらきらと輝いていますように。






髙橋海人くん、お誕生日おめでとう。

生まれてきてくれて、ありがとう♡